家片付けサービス

空き家ガイド:第2編 空き家の片付け業者の上手な活用法

空き家の片付け業者を上手に活用するためのガイドを以下にまとめました。空き家の片付けは、所有者にとって大きな負担になることがありますが、専門業者の助けを借りることで効率的に解決することができます。

空き家の片付け業者に頼むなら


=ご自分たちでやりませんか? それとも専門業者に頼みますか?=
空き家片付け業者の活用にあたり 次のことを確認しておきましょう。 家の片付けは、大変な作業になります。多くの方は、その中でもご自分たちの手で行う方が多く、業者に依頼するのは、わずかのようです。①時間が取れない方、②遠方で片付けに来れない方、③体力的に片付けることが難しい方がご利用しています。今一度、業者に任せるかをお身内の方と相談してお決めしましょう。


空き家片付け料金は、どのくらいかかるか、調べておきましょう
依頼を進める前に、空き家片付け料金は、どのくらいかかるか、調べておきましょう 一般的には、間取りでおおむねの相場が公開されています。これは、あくまで平均的な価格ですが、予算として見ておくとよいでしょう。詳しくはこちらの料金表を参考にしてください

依頼する方法は、2つから自分に合った方法を選びます。

どちらの方法を選ぶかは、ご自身の状況や予算、希望する手間の度合いによって異なります。業者との相談や見積もりを通じて、最適なプランを決定しましょう。

1. 事前にできるだけ片付けてから依頼する方法

この方法では、お客さま自身で可能な範囲の片付けを行い、役所のゴミ処理を活用して家財や生活用品、一般的なゴミを廃棄します。その後、業者には片付けが難しい部分や特殊な廃棄物の処理、清掃などを依頼します。この方法は、費用を抑えたい方や一部を自分で行いたい方に適しています。

2. 生活していた状態で丸投げで業者に依頼する方法

この方法では、空き家が生活していた状態であり、全ての片付け作業を業者に依頼します。業者は全ての作業を引き受け、家財の処分から清掃、リフォームまでを行います。この方法は、時間がない方や体力的に難しい方、または一度に完全に片付けたい方に適しています。

業者のサービスを上手に使ってお得な料金で

空き家の片付け業者が提供する便利でお得なオプションサービスについて、以下のような例があります。

家具などの引越し・配達:無料や半額も

片付けの際に、再利用可能な家具や家財道具を他の場所へ運ぶサービスです。不要な家具をリサイクルセンターや寄付先へ配達することも可能です。(当社では、近いところや現場で帰りの便な戸では、無料や半額で提供しています。)

お掃除:簡易清掃は無料・ハウスクリーニング半額

片付け後の部屋や空間の清掃を行うサービスです。プロの清掃業者が、徹底的に掃除をして清潔な状態にします。

買い取り:代金から買取してお得

片付けた家具や家電、古物などを業者が買い取ってくれる場合があります。市場価値よりも安く買い取ってくれることがあります。

供養:仏壇・写真・人形なども

特定の品物や家具を供養するサービスがあります。思い出の品を丁寧に供養し、心の整理をすることができます。

リフォーム:ちょこっとから大規模なリフォームにも

片付け後の空き家をリフォームして、再利用や売却に向けて改修するサービスがあります。内装や外装の改善を行うことで、物件の価値を向上させることができます。

法的手続きのサポート:最適な専門家の紹介も

空き家管理に関する法的手続きや許可申請など、業者がサポートすることがあります。地域の規制や法律に関する知識が必要な場合に役立ちます。

空き家片付け業者では、以下のようなオプションサービスを提供していますので、お客様のニーズに合わせてご利用いただくことで、経済的に効率よく片付けを行うことができます。

業者の選定プロセス

依頼する業者を5社ほど選定

1. ネットでの検索

インターネットを活用して、業者の情報を集める方法です。具体的には以下の手順を踏みます。

  • 検索エンジンの利用:GoogleやYahoo!などで「空き家片付け業者」と検索し、上位に表示される業者をリストアップします。
  • 業者のホームページ:各業者のホームページを確認し、サービス内容、料金体系、過去の実績、資格・許可などをチェックします。
  • 口コミサイトの利用:比較サイトや口コミサイト(例:エキテン、みん評など)で、業者の評価や口コミを確認します。実際に利用した人の感想は参考になります。
  • SNSの活用:FacebookやTwitterなどのSNSで評判や実際の利用者のフィードバックを探します。

2. 口コミ紹介

信頼できる人からの紹介は、安心感が高い方法です。

  • 家族・友人・知人からの紹介:空き家片付け業者を利用した経験のある家族や友人、知人に、どの業者を利用したか、サービス内容、満足度などを聞きます。
  • 地域のコミュニティ:町内会や地域のコミュニティに参加し、空き家片付けを依頼したことのある人からの情報を収集します。

3. 不動産会社からの紹介

不動産会社は空き家管理や片付けのニーズに精通しているため、信頼できる業者を紹介してもらうのも良い方法です。

  • 取引のある不動産会社に相談:不動産を管理している会社や取引先に相談し、信頼できる片付け業者を紹介してもらいます。不動産会社は信頼性の高い業者と提携していることが多いです。

業者選定のポイントと選定

いずれの方法でも、以下のポイントを確認することが重要です。

  • 業者の信頼性:過去の実績や資格・許可の有無を確認します。
  • サービス内容:自分のニーズに合ったサービスを提供しているかを確認します。
  • 料金体系:見積もりを取得し、料金が適正かを判断します。追加料金の有無も確認します。
  • 口コミ・評判:実際の利用者の評価や口コミを参考にします。

これらの方法とポイントを組み合わせることで、信頼できる空き家片付け業者を選定することができます。

=業者選定のポイント=


業者を最終決定する際は、単に金額のみを比較するのではなく、総合的な評価が重要です。問い合わせや見積もりの過程で、スタッフの接客姿勢、服装、マナーなどの外見的要素をチェックします。これらは信頼性とプロフェッショナリズムの指標です。さらに、会話の内容から専門知識の深さを判断します。具体的な質問に対する回答の正確さや丁寧さは、業者の質を見極める重要なポイントです。こうした総合的な観点から最も信頼できる業者を選びましょう。

選定のポイント

日程調整から完了確認まで

空き家片付け業者を選定し、日程調整から作業完了確認までのプロセスは以下のステップを踏むとスムーズです

作業日程の調整

  • 業者に連絡:選定した業者に連絡し、希望する片付けの日程を伝えます。業者のスケジュールと調整し、具体的な日時を決定します。
  • 確認書類の取り交わし:日程と作業内容、料金などを記載した確認書を取り交わし、双方が同意することでトラブルを防ぎます。

事前準備

  • 必要な書類の準備:場合によっては業者が必要とする書類(所有権証明書など)を用意します。
  • 現地確認:業者が現地確認を行い、作業範囲や特別な注意点を確認します。

作業当日

  • 立ち会い:可能であれば作業開始時に立ち会い、業者と最終確認を行います。立ち会いが難しい場合は、事前に鍵の受け渡しなどの手続きを行います。
  • 進捗確認:作業中に不明点が生じた場合、業者から連絡が入ることがあります。適宜、進捗を確認し、必要な指示を出します。

作業完了確認

  • 最終確認:作業完了後に現地を訪れ、業者と一緒に片付けの状態を確認します。不備がないか、依頼通りに作業が完了しているかをチェックします。
  • 最終報告書の確認:業者から提供される最終報告書(作業内容やリサイクル処理の詳細など)を確認します。

支払いとフィードバック

  • 料金支払い:作業完了後、事前の見積もりに基づいて料金を支払います。追加料金が発生した場合、その理由を確認します。
  • フィードバック:業者に対してフィードバックを行い、良かった点や改善点を伝えます。口コミサイトなどにレビューを投稿することも検討します。

ポイント

  • コミュニケーション:業者とのコミュニケーションを密にし、必要な情報交換を怠らないことが大切です。
  • 詳細確認:書類や報告書の内容を詳細に確認し、不明点はその都度クリアにすることが重要です。

これらのステップを丁寧に行うことで、スムーズに空き家の片付けを完了させることができます。

空き家の片付けは大変な作業ですが、専門業者の助けを借りることでストレスを軽減し、効果的に解決することができます。以上のガイドを参考にして、最適な業者とスムーズな作業を進めてください。

お客さまの便宜を考慮して専門ページをご用意しております。