家片付けサービス

空き家ガイド:第3編この5つだけ守れば業者選定安心

これが、正しく推奨できる業者の選定

空き家の片付け業者を選ぶ際に特に気を付けるべき5つのポイントを以下にまとめました。

信頼性と評判

ポイント: 業者の信頼性と評判をしっかり確認することが重要です。

  • 確認方法: インターネットの口コミやレビューサイト、知人や地域のコミュニティからの紹介を参考にします。実際に利用した人の体験談は非常に参考になります。
  • 具体例: 「この業者の評判は良いか?」、「過去にトラブルはなかったか?」といった点を確認します。

料金の透明性

ポイント: 料金体系が明確で、追加料金の有無がはっきりしているかを確認することが大切です。

  • 確認方法: 複数の業者から見積もりを取り、料金の内訳や追加費用の有無を詳細に確認します。
  • 具体例: 「見積もりにはどのようなサービスが含まれているのか?」、「追加費用が発生する可能性はあるか?」といった質問をします。

サービス内容の範囲

ポイント: 提供されるサービスの範囲が、自分のニーズに合っているかを確認します。

  • 確認方法: 各業者が提供するサービス内容を具体的に確認し、自分が必要とするサービスが含まれているかをチェックします。
  • 具体例: 「ゴミの分別や処分、清掃などはどのように行われるのか?」、「特定の処分方法に対応しているか?」などを確認します。

資格と許可

ポイント: 必要な資格や許可を持っている業者を選ぶことが重要です。

  • 確認方法: 業者に必要な資格や許可の証明書を提示してもらうように依頼します。
  • 具体例: 「廃棄物処理の許可を持っているか?」、「資格証明書を見せてもらえますか?」などの質問をします。

過去の実績と経験

ポイント: 業者の経験と実績が豊富であることを確認します。

  • 確認方法: 過去の事例や実績を業者に尋ね、具体的な成功事例を確認します。
  • 具体例: 「空き家の片付け経験はどのくらいありますか?」、「過去の事例を教えていただけますか?」といった質問をします。

まとめ

これらのポイントを押さえて業者を選定することで、信頼できる業者に依頼し、空き家の片付けをスムーズに進めることができます。時間をかけて慎重に業者を選ぶことが、後々のトラブルを防ぐために非常に重要です。

細かなチェック無理なら最低限この5つだけ守ろう

危ない業者を避けるためには、以下の5つのポイントに注意することが重要です。それぞれの理由とともに解説します。

① 3社から見積をとること

理由: 3社から見積を取ることで、相場を把握できるだけでなく、不正な高額請求を防ぐことができます。また、複数の業者と比較することで、サービス内容や対応の良し悪しも判断しやすくなります。

② 見積書に会社の名前と住所が記載されていること

理由: 見積書に会社の正式な名前と住所が記載されていることは、その業者が実在する信頼できる会社である証拠です。これがない場合、架空の業者や詐欺業者の可能性があり、トラブルに巻き込まれるリスクが高まります。

③ 追加料金がないと記載してもらえること

理由: 追加料金の有無を事前に確認することで、後から不当な追加料金を請求されるリスクを避けることができます。業者とのトラブルを未然に防ぐためにも、見積書に「追加料金が発生しない」と明記してもらうことが重要です。

④ 残す備品・残す家具以外をすべて撤去(廃棄や仕事の内容を詳しく書いてもらう)すると確約をもらうこと

理由: 撤去作業の範囲や内容を具体的に記載してもらうことで、作業後に「これは撤去対象ではなかった」といったトラブルを防ぐことができます。また、事前に詳細を確認することで、期待通りのサービスを受けることができます。

⑤ 代金の支払いは、完了後確認したのちに会社に送金して支払いことを了承をとること

理由: 作業完了後に確認し、問題がないことを確認してから代金を支払うことで、不完全な作業や不誠実な対応に対する対策となります。作業前に全額を支払ってしまうと、業者がいい加減な作業を行うリスクが高くなります。

以上の5点に注意することで、信頼できる業者を選び、トラブルを避けることができます。これらのポイントは、業者との契約をスムーズに進めるための基本的なガイドラインとして活用できます。

お客さまの便宜を考慮して専門ページをご用意しております。