実家の売却と生前片付け

日野市の実家・空き家の片付けは、「お見積り無料」でお伺い

残置物

家の片付け・実家の片付け・空き家の片付けは、20年の実績の当社にお任せください

料金案内センター
お部屋の間取り荷物の様子と作業条件をお聞きし、現実に近い料金をご案内しております。お電話では、よりお客さまの状況を考慮した料金をご案内しております。まずは、「無料見積」で予算を立てましょう。相談は、午前8時から午後7時まで、年中無休 料金相談ダイヤル☎03-5843-8387

空き家・実家の整理と片付けに関する疑問・お困りごとを無料でお答えするコーナーを開設いたしました。営業活動にご利用しませんので当社のエリア外の方、ご自身で遺品整理や家財整理を行う方も歓迎します。(編集部)

日野市の方へ、家を片付けます

古家なら荷物を残したままでも売りに出せます

実家を相続すると売却にかかわらず家にある荷物を整理し不要な家財や生活用品を処分する必要があります。その家で育った思い出も多く、なかなか手を付けられないでそのまましてしまう方も少なからず、いらっしゃいます。長く放置してしまうと家が廃墟化して近所に迷惑をかけることにもなりかねません。多くの方は、親が亡くなり1年ほどで気持ちを整理して、遺品整理をはじめ、売却するかを決めるようです。
築年数が経った古家ですと、多くは、不動産会社が買取して、その後取り壊し建売として売り出されます。相続した家を売却するには、家の荷物を空にしてから依頼しなくてはいけないというのは、必ずしも正しくありません。荷物をそのままにしても売却を進めることが可能です。
ただ、この場合は、特別な事情がない限り、解体を前提とした古家です。家を再利用するわけでありませんから、売買契約が済んで最終登記決済日までに家を空にすれば、良いからです。売買契約書にその旨が記載されます。売主さんは、それを厳守することが大切で、できない場合は、損害金などペナルティが課せられますから、注意しましょう。

一方、まだ家が比較的新しい家のケースとマンションの場合です。この場合は、建物を壊さずに室内をリフォームして使います。そのため室内に物があると家の傷み具合が分かりません。
傷み具合でリフォームの箇所とリフォーム予算が分かるからです。また、室内のイメージも描きにくく、売れにくくなります。こちらのケースのお客さんの大半は、一般の個人客ですから、荷物を撤去して以前の生活感を打ち消すことが大切です。なお、不動産屋さんに売り出しを依頼するには、必ず所有権登記を行った後に行います。相続登記が済んでいないと売買が成立しとしてもいざ登記となっても他にも相続人がいたら、相続の手続きから始める必要があります。スムーズに進まない可能性がありますので、不動産会社でも必ず登記の名義人を確認します。

まとめ

  1. 古家なら荷物を残して売り出しできます
  2. 荷物は、最終決済日前まで撤去します
  3. 築浅の家とマンションは、荷物を撤去した方が有利です
  4. 相続登記を済ませて売り出しを依頼します

日野市の家の片付け事例

日野市で離婚時に家の処分をすることになった事例

戸田市にある一軒家を売りに出す前に中の荷物の整理をお願いされた事例をご紹介します。あるご夫婦が離婚し、住んでいた家を処分して財産を分与することになりました。しかし、離婚協議などで忙しくお互いの荷物も半分くらい残したままでなかなか片付けることができなかったそうです。
家の築年数はまだ新しく不動産屋の方からも査定やリフォームの関係もあり荷物は全て処分して欲しいと言われたそうです。依頼人は奥様の方だったのですが、今回片付けにかかる費用は家の売却価格から引くことになったと言われました。まずは片付けに入る前にお伺いし、荷物の量などを見て見積もりをお出ししました。
了承を得ましたので当日スタッフ5名で伺い、まずは大きめの家具からトラックに運び出しました。中でも苦労したのはダブルサイズのベッドでした。解体できない種類の物だったのでまずマットを運び出すのに中の階段が使用できず、結局二階の窓から外の駐車場のトラックの荷台に降ろしました。リビングのソファの運び出しにも苦労しました。生活に必要な物などはだいたい無くなっていましたので大型の家具の運び出しやエアコン、照明器具の取り外しなども行いました。家の中はほぼ空っぽにして完了いたしました。

日野市で実家を売却するための片付けのご依頼

県外に住む姉妹からの依頼でした。この度実家に住む父親が亡くなり、母親は姉が引き取ることになったのですが実家には姉妹二人ともそれぞれの家庭があり今後帰る予定はなく、考えた末売却することになりました。二人で協力して両親の生活用品などは何とか片付けましたが、3階の納戸の中の荷物や1階にあるテーブルなどの大型家具は粗大ゴミとしても出すことができずに困っていました。
そこで私たちの所に声がかかりました。また、離れて暮らすために片付けに立ち会える日は限られていましたので、今回は妹さんだけの立ち合いで片付けることになりました。事前に大体の荷物の量や自分達だけでは片付けることが難しそうな家具の種類と量などを電話でお聞きして見積もりを伝えておきました。まずは狭い納戸の中に入り、下にいる妹さんにどんなものが仕舞われているかお伝えして納戸の中身は全て処分することになりました。ただ、納戸に上がる階段がとても狭く12段飾りのひな人形などは大きな箱に入っており降ろすために箱から出して箱はあとから空にして降ろす、などの工夫をしました。どんどん荷物を運び出し、時々妹さんが自分たちの小さかった頃の荷物を発見すると涙ぐんでいらっしゃったのが印象的でした。次の日に1階のテーブル、椅子、婚礼家具など大型家具を運び出して完了しました。

当社の家(実家・空き家)の片付けサービス

家の片付けと荷物の配達や配送代行を行います

当社では、家の片付けの際に必要な荷物のお届けや配送代行をお受けしております。近くで少量の荷物なら、無料です。遠方の荷物のお届けは、格安のトラック便のお手配、持ち込みを無料です。ただ、外部の配達便の料金は、実費ご負担いただいております。

お立合いなしで家・空き家の片付けもできます。

作業中のお立合いは、不要ですが、スタート時と完了時のお立合いが一般的です。お忙しい方や遠方の方でご希望の方は、お立合い不要での片付けの配慮を行います。①全くお立合いさんない片付け②スタート時立ち合いない場合③完了時にお立合いなしの片付けが可能です。お立合いなしの片付けをご希望の場合は、事前打ち合わせをしっかり行いますのでご安心ください。

実家の片付けは、依頼者のご要望をしっかり理解して行います

捨てないお年寄りの実家の片付けは、残す物、処分する物をしっかり確認して作業し、勝手にスタッフは、処分いたしませんのでご安心ください。不要なものの片付けと合わせて、整理整頓と片付け後の清掃も行います。よくご利用いただく、お台所、トイレ、お風呂場、洗面室、リビングや寝室です。介護のための片付けも多くご利用いただいております。

実家・空き家の丸ごと片付けもお任せください

実家の売却のためのマンションや戸建ての荷物の片付けと処分もお任せ。物置の解体処分から、ピアノの処分、車の廃車代行から仏壇や写真の供養やお荷物の配送も格安でお受けしています。

年中無休でお急ぎの家の片付けも対応いたします

当社は、年中無休で営業しております。急なお引越しの際の家の片付けから売買決済に間に合わない急な依頼でも極力対応しています。

会社・店舗案内

(屋号)片付け屋ライフサービス&家財整理Dcy

お問合せは、全店共通で048-443-6655でお受けしています
運営|一般社団法人家財整理センター
【首都圏本部】東京都北区赤羽1-7-9 赤羽第一葉山ビル4階
【本店】埼玉県入間市上藤沢881-1
【営業基地】
お近くの基地よりお伺い
入間本店・北区首都圏本部・所沢店・板橋店・川口店・さいたま店・練馬店・市川店・松戸店・桶川店・横浜店