家片付けサービス

空き家を相続することになったら「あなた」が考えること

家片付け

どのように空き家を活用するかは、あなたの責任で決めよう

空き家を相続したら、4つの活用方法で。 それぞれのメリット野球を認識しご自身の判断で活用法を決めましょう。 その際は、不動産業者の方、空き家管理士など専門家の意見も参考にただ、とりあえず社用はあなたが思う、自主的に自身で決めましょう。 

空き家にはさまざまな利用方法が考えられます。まずは、①売ることで、不要な資産を換金し、新たな投資の先を見つけることができます。また、地域の住宅需要に貢献することもできます。次に、②貸す選択肢もあります。賃貸住宅として利用することで、安定した収入源を得ることができます。地域の賃貸需要に応じて、適切な家賃設定が求められます。一方、③住むことも考えられます家族や親戚が新たな住居を必要としている場合、空き家を利用することで、住居の問題を解決することができます。あります。最後に、④使う選択肢もあります。例えば、アトリエや事務所として利用することで、新たなビジネスチャンスを追求することができます。また、趣味や特技の場としても活用することができます。どの選択肢を選ぶかは、全員の目標や状況によって異なります。将来の見通しや地域のニーズを考慮し、最適な利用方法を選ぶことが大切です。

空き家を売るメリット・デメリット

空き家を売ることにはいくつかのメリットとデメリットや注意点が存在します。
売ることの利点

  1. 資産の現金化:空き家を売ることで、不要な資産を現金化することができます。これにより、他の投資や生活費の賄いに一時ことができます。
  2. 維持費・メンテの費用が不要:空き家を維持するために維持費がかかりますが、売却によってこれらの負担を軽減できます。また、得られる資金を利用して新たな投資を行うことも可能です。

売ることによる受ける損失

  1. 感情的なつながり:空き家には思い出や感情的なつながりはないかもしれません。売却によってそれらが失われることを考慮する必要があります。
  2. 市場の変動:不動産市場は変動することがございます。適切なタイミングを見極めることが重要であり、市場の状況をよく理解する必要があります。
  3. 不動産市場は変動するため、売却後に将来価格が上昇する可能性もあります。
  4. 資産の多様性の喪失一つ:不動産は資産の一形態であり、多様性を持たせるための手段です。 売却することで、資産ポートフォリオの多様性が減少する可能性があります。

空き家を貸すことから得られるメリットとデメリット

空き家を貸すことにはいくつかのメリットとデメリットや注意点が存在します。

貸すことから得られる利点:

  1. 収入源の確保:空き家を貸すことで、安定した賃金収入を得ることができます。これにより、毎月の収入が確保され、他の支出や投資に活用できます。
  2. 資産の価値:空き家を維持するよりも、貸すことで建物や設備の劣化を防ぐことができます。長期的に資産の価値を維持するために有効です。
  3. 税務上の手続き:賃金収入は結果として決済されますが、貸し付けに関連する経費を差し引いたり、減価償却を行ったりすることで税務上の手続きを受けることができます。
  4. リスク分散:複数のテナントに貸す場合、収入が複数の源泉から得られるため、リスクを分散させることができます。1つのテナントに依存することよりも安定感があります。

貸すことから生じるデメリットや注意点:

  1. テナント関連の問題:貸主とテナントの間でのトラブルや問題が発生する可能性があります。
  2. 管理と保守の手間:テナントの募集や契約管理、定期的なメンテナンスなど、貸し付けには管理と保守の手間がかかります。
  3. 市場変動の影響:地域の賃貸市場の変動によって、テナントを探すのが難しい場合や賃料の設定が難しい場合があります。
  4. 家屋の損傷:テナントが家屋を使用する際に、通常の劣化や損傷が発生する可能性があります。これに対する修繕やメンテナンスには費用がかかります。
  5. 法的な解決:賃貸物件を運営する際には、地域の法律や規制を遵守しなければなりません。正しい契約や条件を設定することが重要です。

空き家を住む場合のメリットやデメリット

空き家を住むことにはいくつかのメリットとデメリットや注意点が存在します。

住むことにした時の利点:

  1. 感情的なつながり:相続した空き家には家族の思い出や歴史が詰まっていることがあります。住むことでその感情的なつながりを厳選、特別な場所として楽しむことができます。
  2. 住宅費の削減:自分の住居として利用することで、家賃を払う必要はありません。住宅費を削減し、経済的な負担を軽減させることができます。
  3. セカンドホーム:相続した空き家をセカンドホームとして利用することで、休暇や週末を過ごす場所として活用できます。リラックスした環境でのんびり過ごすことができます。
  4. 地域の維持:空き家を住むことで、地域の活性化や賑わいに貢献することができます。地域コミュニティに参加し、地域の発展に定着することが可能です。

住むことになった場合のデメリット:

  1. 費用:空き家を維持するためには、光熱費や水道代、メンテナンス費などの維持費がかかります。古い家程維持費がかかる傾向があります。
  2. 移動や通勤の問題:相続した空き家が遠くにある場合、通勤や移動の手間がかかる場合があります。日常生活の中での移動コストや時間を考慮する必要があります。
  3. 孤独感:空き家の周囲に住民が少ない場合、孤独感を感じることがあります。コミュニティの形成が難しい場合があります。
  4. 生活の変化:空き家を住むことで生活環境が変わるため、新しい生活様式に適応する必要があります。これに適応するまでの期間や労力が必要です。
  5. 選択の選択:空き家に住む場合、将来的な移動や住まいの変更に悩む可能性があります。地域や状況の変化に対する柔軟性が減少することがあります。

空き家を使うことのメリットとデメリット

空き家を使うことにはいくつかのメリットとデメリットや注意点が存在します。

家を使うことの利点:

  1. 資産の有効活用:空き家を活用することで、無駄な資産を有効に活用することができます。空き家が放置されるよりも、有益な目的で活用することができます。
  2. 収入源の確保:空き家を使って賃貸物件や民泊として利用することで、安定した収入を得ることができます。 特に観光地や人気エリアであれば、収益性を高めることができる場合もあります。
  3. セカンドホーム:空き家をセカンドホームとして活用することで、リラックスした休暇や週末の過ごし方ができます。自然豊かな場所や海辺など、特別な場所でリフレッシュできますよ。
  4. 自己実現の場:空き家をアートスタジオや趣味の場として活用することで、自己実現の場を持つことができます。新たな創造性を発揮する場として使うことができます。

家を使うことのデメリットや注意点:

  1. 運用の手間:空き家を賃貸物件や民泊として利用する場合、テナントの管理や予約管理、清掃などの手間がかかります。適切な運用計画や管理体制の確立が必要です。
  2. 法的な問題:賃貸や民泊の場合、地域の法律や規制を遵守しなければなりません。ライセンスの取得や規制遵守に関する調査が必要です。
  3. 費用とコスト:空き家を維持するためには、維持費や改修費用などがかかる場合があります。快適な環境を提供するために必要な投資を検討する必要があります。
  4. プライバシーの喪失:賃貸や民泊の場合、自分の住む空間を他人に提供することになり、プライバシーが喪失する可能性があります。
  5. 市場変動の影響:賃貸物件や民泊の場合、地域の需要や市場の変動に影響を受ける可能性があります。 需要が低下する場合には収益性が低下することがあります。

夫婦で活用の意見が分かれる相続した団地

家財処分にお伺いしました。するとご夫婦が出迎えてくれました。この団地、ご主人の親が住んでいて、ご主人もここで育ったという。宅年数はかなり古い分譲団地、一階でした。長年リフォームもしないで住んでいたようで、家財を撤去したら。スケルトンにして大規模リフォーム、リノベーションをしないと住めない。仕事が終わるとご夫婦が確認に来られ。私に質問されたのです。

売りのがいいか、貸すのがいいか?
この部屋貸した方がいい、売った方がいい。というよくいただく質問でした。ご主人は、自分が育ったところでもあり、売って500万円にもならないから。貸したいという。これに猛反発しているのが奥さん。煩わしいから売ってほしいという。
《ご提言》古い分譲団地は、修繕も多くなる傾向にあり、また、将来再建などを進める場合、賛同者をまとめることが難しいことも多く、将来のリスクを回避するには売却したほうが良いのではないでしょう。

古い分譲団地マンションの固有の問題には、以下のような点が挙げられます。

  1. 老朽化と設備の陳腐化: 古いマンションは建設から年数が経ち、建物や設備が劣化している可能性が高い。これにより、修繕や改修が必要となり、コストがかかります。
  2. 防音・断熱の不足: 古い建物の場合、防音や断熱性能が弱く、適切との生活音の共有や季節ごとの温度調整が難しい場合があります。
  3. 耐震性の問題: 最新の耐震基準に適合していない場合、地震などの自然災害に弱く、住民の安全が考慮されます。
  4. 共用施設の維持管理: プールやジムなどの共用は、年数が経つ施設と劣化しやすく、維持管理や修繕が必要です。ただし、管理組合の予算や検討が限られている場合があります。
  5. 施工技術の進歩に対する後期: 古いマンションは当時の施工技術を使用していることがあり、現代の快適性やエネルギー効率に対する要求に対応できない場合があります。
  6. リセールバリューの低下: 古いマンションは新築に比べてリセールバリューが低く、将来の投資価値が限界になることがあります。
  7. 全員の賛同が必要な大規模修繕や建て替え: 古いマンションの場合、大規模な修繕や建て替えが必要になることがございますが、その際には全員の一定数の賛同が必要です。全員が解決に至らない限り、計画が進むしづらく、必要な改修が滞る可能性があります。

お客さまの便宜を考慮して専門ページをご用意しております。