空き家バンクを活用しよう

家片付け

空き家バンクは、低額不動産の売却に力を発揮します

低額物件で売りにくい、貸しにくい不動産なら
――空き家バンクを利用しましょう

空き家バンクとは、市区町村ごとに公益法人の宅地建物取引協会と協定を結び、空き家の有効活用を図り定住促進による地域活性化を目的で設けられた制度です。売買や賃貸の斡旋を促進する空き家バンクは、不動産価格の高い都市部より、土地の価格が低い過疎化、人口減少地域の市区町村で積極的に運用されています。一部では、空き家バンクに登録して修繕費などの助成金で支援している市区町村も見られます。

不動産売買の斡旋料の実際

不動産の売買の仲介料は、概ね売買金額が大きいほど不動産会社の収入が大きくなります。

売買の仲介手数料

  • 取引金額が400万円超え場合は、取引金額の3%+6万円

  • (計算例) 500万円は、12万円+6万円=18万円
  • 取引金額が200~400万円以下の場合は、取引金額4%+2万

    (計算例)300万円は、12万円+2万円=14万円

  • 取引金額が200万以下の場合は、取引金額の5%

  • (計算例)200万円は、10万円

まとめ

  • 低額物件は、手間暇かかる割に収入は多くないから、敬遠される傾向にあります
  • このような場合は、広く告知していただける空き家バンクが最適です。

家財整理をプロに依頼する時のポイント

プロに遺品整理などで家財を処分する際にいくつかのポイントがあります。いくら依頼が専門のだから100%の満足を得られるとは限りません。基本は、しっかりした事前の打ち合わせです。

①    納期を打ち合わせします

賃貸であれば、退去日があります。余裕をもって片付けるケースもありますし、前日や当日まで生活していることもあります。余裕がある場合は、別として、何日の何時に終えてほしいと伝えましょう。プロの業者ならお客さまの状況にあったトラックの台数やスタッフの人数をキープして1時間前までに終える段取りを取っていただけます。また、売却や解体を予定している場合も余裕をもって2.3日前に終了していただくように依頼します。

②    残すものをスタート前に必ず打ち合わせします

賃貸であれば、備え付けの備品を明確にします。はっきりしない場合は、事前に管理会社に確認を取っておきましょう。判断に迷うものにエアコン・照明器具があります。UR住宅の場合は、備品の範囲が民間と異なりますので注意しましょう。売買で片付ける場合は、取り扱っていただいた不動産会社に確認をとります。特に注意したい物には、照明器具・エアコン・物置を残すかどうかですが、売買契約時に取り決めしていますので、ご自分の勝手な判断をしないようにしましょう。

③    目的をはっきり伝えアドバイスを受けましょう

賃貸の退去であれば、プロである業者は、残すものを確認しますし、アドバスを受けることができます。お掃除の問題から原状回復についての相談に応じていただけます。自己所有なとの物件についても売却予定、リフォーム予定、売却後解体などの情報を伝えますと、プロの方なら、照明は残した方が良いですね。など最適なアドバイスが行われ無駄のない片付けを行っていただけます。

このようにプロ業者さんは、お客さまの目的に合わせて無駄のない作業を行いますが、事前の打ち合わせをしっかり行うことがお客さまも満足していただく結果になります。